1. トラネキサム酸の作用のしくみ
閉じる

プラセンタも日々のケアに加えてみませんか?

プラセンタは英語で胎盤を指しますが、今や哺乳類の胎盤から抽出されたエキスそのものをプラセンタと呼びます。
豊富に含まれる美容と健康に役立つ有効成分や栄養素が医薬品やサプリメントとして利用されています。
プラセンタには上質のたんぱく質やアミノ酸、ビタミン・ミネラル、核酸や酵素といった豊かな栄養素を持つばかりか、成長因子という細胞の増殖や再生を促す特別な成分が含まれています。
加齢と共に失われがちな美肌成分の生成や維持を助けるエキスとして人気を得ています。

生命を育むために必要な成分のすべてが含まれているプラセンタのエキスが持つ高い効能は美容面だけではありません。
健康の維持増進やアンチエイジング効果にも優れており、医療の現場で更年期障害の治療にも利用されているほどです。
更年期は自律神経のバランスも崩しやすくその影響で代謝機能が低下して肌のターンオーバーが上手く行かず、良い美容成分を体内に取り入れてもせっかくの効能を生かしにくくなります。
更年期障害の改善も望めるプラセンタは代謝機能アップの観点からも有効と言えます。

プラセンタが持つ美容効果はターンオーバーを促進させるだけでなく、成長因子の一つ繊維芽細胞増殖因子の働きで真皮にある線維芽細胞を増やしコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン等の生成を助けます。
さらに加齢や紫外線の影響で減少しがちな美肌成分を守る効能も持っており、ターンオーバーを促す上皮成長因子と共に肌トラブルを防いで、加齢に負けない美肌づくりの後押しをします。

プラセンタには主に医療機関で処方される医薬品に使われるヒト由来のほか一般的なサプリメントやスキンケア製品に利用されている馬や豚、羊といった哺乳類由来のもの、植物や海洋性の胎盤に似た働きを持つ部分から抽出された成分がありますが、種類によって含まれている成分や効能が違って来ます。
より良い効能を獲得し副作用のリスクを減らすためには幾つかの点に注意して、正しい使い方でプラセンタを利用することが大切です。

プラセンタの正しい使い方とは?

胎盤から抽出された生命力に満ちたエキスであるプラセンタが持つ優れた有効成分を美容と健康にしっかりと役立てて行くために必要なことは、効果を活かして副作用を避ける正しい使い方を知ることです。
まずプラセンタを選ぶ際に重視するべきはやはり胎盤の種類で、植物や海洋由来は正確には胎盤エキスではないため成長因子は含まれません。
羊プラセンタは日本では珍しいため一般的なサプリメントに使われている種類では馬か豚かになりますが、馬由来のほうが幾つかの点で豚よりも良いと言われます。

美容や健康への効果の高さで選ぶのであれば馬プラセンタが最適と言われます。
品質が良い分、高めの価格となっており、日々のケアに役立てるため続けやすさを基準にした場合、豚由来のサプリメントのほうが選びやすいと言えます。
馬と豚とで違う点は効能ばかりでなく安全性の面でも馬の方が上とされ、豚を選ぶ時にはSPFという表示に注目することが重要です。
SPFプラセンタは特別な管理体制の農場で育てられ特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなSPF豚由来の胎盤エキスということで、安心度が違います。

医療機関で処方されるヒト由来のプラセンタでは重大な副作用の報告は無いとされています。
市販のサプリメントも医薬品ではないことから深刻なケースは稀と言われますが、アレルギー体質やアトピー性皮膚炎の人は導入にあたってパッチテストなどでアレルギーの心配が無いかどうか確認しておく必要があります。
豊富な栄養素を含むプラセンタは食物アレルギーの人が避けるべき品目に近い成分もあるため、導入前には原材料の確認をして医師や薬剤師に相談することが大事です。
プラセンタ摂取で健康に導かれる過程で生理が早まったりすることもあると言われ、服用し始めの体調変化にも注意しておく必要もあります。

おすすめ記事

  1. トラネキサム酸の作用のしくみ
ページ上部へ戻る