1. トラネキサム酸の作用のしくみ
閉じる

アーカイブ:2017年 12月

トランシーノ錠の副作用発現率は5.2%(6/115例)、8件(胃腸障害5件、腹痛1件、臨床検査値異常2件)と示されています。いすれも軽度であり、重篤なものは認められなかったとのことです。それでは、主要な成分ごとに副作用の可能性がないか見…

トランシーノ錠はトラネキサム酸の他に、肌のターンオーバーを促す効果のあるL-システインや美白ケアなどにも使われることの多いビタミンCが配合された錠剤です。それらの成分の特徴や、肝斑に対する働きを見てみましょう。「L-システイン」は抗…

ページ上部へ戻る